いつでも、元気なバスガイドです。


<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧



<掘り出しニュース>「ハイブリッド車の分解展示」内覧会、応募殺到、予定の3倍超/埼玉(毎日新聞)

 【埼玉】県産業技術総合センター(川口市上青木)が中小企業向けに先月から始めた「ハイブリッド車の分解展示」の内覧会に、予定の3倍を超す応募が殺到した。景気低迷の中で、新技術を商機に結びつけたいという企業側の熱意の表れだ。募集は急きょ締め切られた。【鴇沢哲雄】

 4月19日から、同センター1階に展示されたのは、ホンダのハイブリッド車「インサイト」の部品。エンジン、バッテリー、変速機など関連部品別に約250点に分解され、手にとって見ることができる=写真。

 展示事業は県が今年度から取り組む次世代産業参入支援事業の一環。一般公開に先がけた企業向け内覧会の参加を4月初旬に募ったところ、70社の見込みに対し、250社から応募が殺到。同月20日までに申し込みを打ち切った。

 6月15日までだった内覧会を7月初旬まで延期した。また、6月下旬に予定していた高校・大学向けは7月以降に変更した。

 人気の背景には、中小零細部品メーカーが独自に分解することは費用面などから難しい面もあるとみられる。参加者は写真に収めたり、メモをとるなど熱心に見学している。

 川越市のメーカーは「エンジン部品の熱処理が専門。リーマン・ショック後、受注は半減した。新しい技術を少しでも勉強したい」と真剣な表情。群馬県に本社がある潤滑剤関連の会社は、営業部員ら8人が参加。「他社に先行してメーカーに売り込むヒントを見つけたい」と意気込む。

 センターの景山和則ものづくり開発支援部長は、思わぬ人気に「新しい分野にチャレンジしないと生き残れない、という危機感を各社は持っているのでは」と話している。

【関連ニュース】
トヨタ:マツダにHV技術供与 量産で原価低減
HV・EV:走行電子音「気付きにくい」 体験会で参加者
ハイブリッド車:「分解展示」内覧会に応募殺到−−県の中小企業向け事業 /埼玉
日本カー・オブ・ザ・イヤーにプリウス インサイトとのHV対決制す
トヨタ:レクサス初のハイブリッド専用車を発売

移植渡航、自粛求める WHO決議案採択、臓器売買禁止明記(産経新聞)
山田宏氏、杉並区長辞任し参院選出馬へ(読売新聞)
<鳩山首相>韓国艦沈没「隣国がとんでもないことを」(毎日新聞)
コシヒカリのゲノム解読=おいしさの遺伝子群特定へ―農業生物研(時事通信)
普天間移設で首相要請の会議、18知事が欠席へ(読売新聞)
[PR]
by zbfm11lk1a | 2010-05-29 22:54


ハンセン決議 参議院も採択 全会一致(産経新聞)

 参院は21日午前の本会議で、国立ハンセン病療養所の療養体制の充実に万全を期すよう政府に求める決議を全会一致で採択した。決議は政府に対し「入所者が地域社会と共生しつつ、良好かつ平穏な療養生活を営めるよう責任を果たす必要がある」と指摘している。

高齢化が進む入所者へのケアが、職員の削減により行き届かなくなっているとの要望を踏まえた措置で、衆院では昨年7月に同様の決議が採択している。

【関連記事】
「家族も差別被害」と提訴、ハンセン病隔離めぐり
制圧へ世界を回り続ける 『不可能を可能に 世界のハンセン病との闘い』笹川陽平著
ハンセン病講演会で「大阪宣言」採択 偏見のない社会づくりを
【今、何が問題なのか】マザー・テレサの祖国
「銭湯もう来るな」 関西在住のハンセン病回復者ら初の実態調査
中国が優等生路線に?

<小沢幹事長>政倫審出席へ 参院選など懸念か(毎日新聞)
昭和大で新型インフル集団発生―山梨県発表(医療介護CBニュース)
廃棄物不法輸出未遂で初摘発=リサイクル業者を再逮捕−大阪府警(時事通信)
不当に低い人事評価で昇給遅れ、小学校教諭勝訴(読売新聞)
「責任能力問題なし」の鑑定結果を証拠採用 セレブ妻バラバラ控訴審結審、判決は6月22日(産経新聞)
[PR]
by zbfm11lk1a | 2010-05-21 21:58


<残業代訴訟>添乗員派遣会社に支払い命令 東京地裁(毎日新聞)

 添乗員派遣会社「阪急トラベルサポート」(大阪市)に登録する50代の女性添乗員が、あらかじめ決めた時間を働いたことにする「みなし労働時間制」は不当として、残業代支払いを求めた訴訟の判決で、東京地裁は11日、会社側に請求通り約56万円の支払いを命じた。同社は「添乗員の労働時間把握は困難」と主張したが、鈴木拓児裁判官は「把握は可能」と判断した。

 鈴木裁判官は、労働基準法の規定でみなし労働時間制の適用が認められる「労働時間を算定しがたい場合」について「客観的に労働時間の把握が難しく、使用者の具体的な指揮監督が及ばない例外的な場合」とする判断を示した。そのうえで女性のケースを「添乗報告書や日報、携帯電話による確認などを総合して、会社側が労働時間を把握することは可能」とした。

 また「始業から終業まで常にツアー参加者の要望への対応を求められている」として女性の労働時間を「休憩の1時間を除く始業から終業までのすべて」と認定。指揮命令から解放される時間帯があり、業務は断続的就労とする会社側の主張を退けた。

 女性は北海道や九州などへの国内ツアーに添乗した07年3月〜08年1月の未払い残業代約56万円の支払いを求めていた。【和田武士】

 阪急トラベルサポートの話 業務の実態とかけ離れた判決で承服しがたい。控訴する。

<法政大高>元教諭2人書類送検 修学旅行中に体罰(毎日新聞)
<富士山>青木ケ原樹海で清掃ツアー ごみトラック2台分(毎日新聞)
鳩山首相「ルーピーTシャツ」 こちらはバカ売れ、人気衰え知らず(J-CASTニュース)
D51「撮り鉄」滑落か…がけ下に男性遺体(読売新聞)
飲酒で、リンパ系腫瘍リスク低下の可能性を示唆(医療介護CBニュース)
[PR]
by zbfm11lk1a | 2010-05-13 15:44

    

バスガイドですこんにちわ!是非見てってください。
by zbfm11lk1a
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧